ニキビ跡消す > ニキビ跡についての基礎知識

ニキビ跡消す-ニキビ跡についての基礎知識

ニキビをできるだけ早く治すことができれば跡になってしまうことはほとんどありませんが、悪化したニキビはニキビ自体が治ったとしても跡として残ってしまうことがあります。 ニキビ跡になってしまうと一生残ると思っている人もいるかもしれませんが、一生跡が残るようなケースは稀です。
日々の生活習慣で、ニキビ跡を消す

ほとんどのニキビ跡は、数週間から数年で消えていきます。 ただ、ニキビ跡向けの対策を取っている人と取っていない人とではニキビ跡が消えていく時間が大きく異なってくるので、ニキビ跡になってしまった場合は治療に取り組むといいでしょう。

赤みが残るタイプのニキビ跡である場合、ビタミにC誘導体が配合されている化粧品を使うと効果的です。 また、日常生活では紫外線を浴びないように注意することも大切です。 紫外線を浴びた肌は炎症を起こしてしまい、赤いニキビ跡をさらに悪化させてしまうことがあるからです。

場合によっては紫外線が原因で色素沈着を起こしてしまうこともあるので、夏場の紫外線対策には特に力を入れましょう。

もし色素沈着をしてしまった場合には、これを改善するための治療を行わなければなりません。 色素沈着が残るタイプのニキビ跡を改善するためには、ケミカルピーリングが効果的です。 肌の奥深くまで色素沈着が発生している場合はなかなか消えませんが、根気強く治療を続けましょう。
est

ニキビ跡の中でも最も厄介なのが、凹凸が残るタイプのニキビ跡です。 肌を触った時に凸凹があり、化粧のりも悪くなってしまいます。

なぜ肌に凹凸ができてしまうのかというと、ニキビの炎症が酷くなった際に真皮層の組織が破壊されてしまうことにあります。 ニキビを初期のうちに治すことができればここまで酷くなることはないのですが、悪化してから治った場合には凹凸ができてしまうことが多いんです。

破壊された真皮層の細胞は再生できないので、凹凸が残るニキビ跡を作らないためには、できるだけ早くニキビを治すことが大切になります。 ピーリングやレーザー治療で状態を良くすることができるので、凹凸が残ってしまった場合も諦めずに対策を考えましょう。